100年持つ家。

失礼ですが、100年持つ家なんて本当かなと
思ってたけど、何度か打合せにお伺いして時色々お話し
聞いているうちに納得。安かろう悪かろうではなく、
きっちりと「良い物は高い」と言い切っているコンセプトが
気に入りました。
実際パンフレット等デザインも洗練されており、
ものづくりへのこだわりがもの凄く伝わってきます。
買う物が「家」ですからこういうところ大事です。
実際ショールームで色々触れてみると「高い」とは
思わなかったです。買えないけど(笑)

IMGP6339.jpg
サインデータ アルミ複合板下地 + インクジェット出力貼り仕上げ
W=3000 X H=1220 (両面)
IMGP6343.jpg
ショールーム「台霧の館」です。手前の床は何と「竹」です。
木目?が非常に綺麗でしたよ~ ピカピカ
IMGP6353.jpg
打合せの後コーヒーを頂きながら、
家づくりについて色々お話しして頂きました。
関連記事

Comment

建築関係だから家は色々と見ていますが、100年以上もつ建物は手間と材質、金額、そして匠のなせる技術なんですよ
材質や工法も明らかに違いますしね~

いまどきの安い家の場合ぶっちゃけ100年もたせて作ってないと言われてますから だってどんな家も100年以上もったら新築建たないっすよね~WW



  • 2008/10/15 22:20
  • 某軍団
  • URL
仕事柄行くところは商業空間だったりしますので
住宅は新鮮ですね。
確かに100年とは途方もないくらい頑丈に、緻密に
考えていないと達成できませんよね。
梁とかめっちゃ太い無垢でしたよ~
幼少を過ごした実家を思い出しました。
便利に、快適にっていうのが先行しすぎてシックハウス
なんかが増えたと思います。昔は無かったですからね。

>てどんな家も100年以上もったら新築建たない
あはは(^o^) 確かに。看板も流石に100年は厳しいかもです。
あ、決して無理じゃないですけど(^_^;)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。